WORKS/ all

2012.04.06

鮎の瀬大橋

所在地:
熊本県上益城郡山都町

 

竣工年度:
1999年

 

諸元:
事業者 熊本県 <くまもとアートポリス>プロジェクト

デザイン:エムアンドエムデザイン事務所

構造設計:中央技術コンサルタンツ

橋長390.0m

有効幅員8.0m

構造形式 3径間連続PC斜張橋

 

要:
この橋が架かる緑川渓谷は、阿蘇南麓に深さ140mものV字形のダイナミックな景観を呈している。谷の片側は開けているが反対側は山が迫る地形に、斜張橋とV字橋脚を組み合わせたアンバランスな形態のイメージをかさねた。崖の表面には岩肌が露出し、それにはコンクリートのテクスチャーが馴染む。そこで構造形式には3径間のPC斜張橋を提案、斜張橋の持つ緊張感を強調し、鋭く切り立つ谷の険しさに対応させた。橋詰の大小の広場は地域のイベントに活用され、人々に親しまれている。

掲載誌:日経コンストラクション1999.10.22

Structural Engineering International, May2001

 

受賞:
2002年 土木学会デザイン賞 最優秀賞

大野 美代子Miyoko Ohno

(株)エムアンドエムデザイン事務所|EA協会

略歴:
1971年、エムアンドエムデザイン事務所設立

1977年、初めて手掛けた蓮根歩道橋のデザインを契機に、様々な橋梁、道路及びその付属施設の景観デザインを手掛けるようになる。

かつしかハープ橋(1987)、小田原ブルーウェイブリッジ(1994)長崎県女神大橋(2005)など、多数の橋をデザイン。

 

主な受賞歴:
土木学会田中賞/蓮根歩道橋(1977)、かつしかハープ橋(1986)、横浜ベイブリッジ(1989)、小田原ブルーウェイブリッジ(1994)、屋代橋梁(1996)、陣ヶ下高架橋(2003)、女神大橋(2006)

土木学会デザイン賞/鶴見橋(2001・優秀賞)、鮎の瀬大橋(2002・最優秀賞)、陣ヶ下高架橋(2003・最優秀賞)、川崎ミューザデッキ(2010・優秀賞)、はまみらいウォーク(2011・優秀賞)

グッドデザイン賞/鮎の瀬大橋(2000)

都市景観大賞/鶴見橋(1991)、くすの栄橋(1999)  等

 

主な著書:
BRIDGE-風景を創る橋(2009/鹿島出版会)

 

組織:
(株)エムアンドエムデザイン事務所

〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷2-2-1-2F

TEL:03-3402-5723

FAX:03-3404-0692

 

業内内容:
・橋梁デザイン・・・長大橋梁、中小橋梁、高架橋、歩道橋、鉄道橋、他

・道路、広場デザイン・・・自動車専用道路、一般街路、橋詰広場、公園

・道路関連デザイン・・・トンネル坑口及び内装、地下道、換気塔

・道路付属施設デザイン・・・遮音壁、防護柵、高欄、照明、他

・インテリアデザイン・・・病院、公共施設、住宅、家具、他

SPECIAL ISSUE

橋梁デザインのゆくえ

2012.12.18

暮らしの風景を創る橋

WORKS

Ohno_miyoko